ガ島通信

メディアとジャーナリズムの未来を追いかける

取材、調査、ソーシャルメディアの運用など「NewsLab♡おおつち」の開設から1週間で取り組んだこと

7月30日に岩手県大槌町に報発信・教育拠点「NewsLab♡おおつち」を開設してから1週間が経ちました。アンケート、取材、ソーシャルメディアの発信などの動きをまとめておきます。電気やインターネットがないラボの環境は厳しく、活動していると一日があっとい…

岩手県大槌町に情報発信・教育拠点「NewsLab♡おおつち」を開設しました

日本ジャーナリスト教育センター(JCEJ)とNPO法人ボランティアインフォは、7月30日に岩手県大槌町の復興支援ボランティアのための宿泊施設「大槌きらりベース」に、町や地元商店街、地域で活動するNPOの協力を得て大槌地域の情報発信・教育拠点「NewsLab♡お…

「NewsLab♡おおつち」で活動する学生インターンと事前打ち合わせを実施しました

「ここでしかできない挑戦をしたい」「ツイッターなどを使って何かできないかなと思っているので、すごく楽しみ」。 日本ジャーナリスト教育センター(JCEJ)が実施する岩手県大槌町に新しい地域メディアを立ち上げるプロジェクトに参加してくれる学生インタ…

「セカンドキャリアへの不安、システムで分け合う」神事真規子さんインタビューvol.4

この記事は藤代が担当する早稲田大学大学院政治学研究科ジャーナリズムコース「ニューズルームJ」の学生が執筆しています。神事真規子さん(@makikojinji)の協力を得てインタビューを行い(参考:ソーシャルメディアを活用して取材相手の情報を集める)、筆…

「やりたいことやっちゃえよ、新世界人!」神事真規子さんインタビューvol.3

この記事は藤代が担当する早稲田大学大学院政治学研究科ジャーナリズムコース「ニューズルームJ」の学生が執筆しています。神事真規子さん(@makikojinji)の協力を得てインタビューを行い(参考:ソーシャルメディアを活用して取材相手の情報を集める)、筆…

「媚びないジャパンを目指せ!」神事真規子さんインタビューvol.2

この記事は藤代が担当する早稲田大学大学院政治学研究科ジャーナリズムコース「ニューズルームJ」の学生が執筆しています。第2弾は中国からの留学生の記事です。神事真規子さん(@makikojinji)の協力を得てインタビューを行い(参考:ソーシャルメディアを…

「32歳新人、元プロから栄養士へ」神事真規子さんインタビューvol.1

この記事は藤代が担当する早稲田大学大学院政治学研究科ジャーナリズムコース「ニューズルームJ」の学生が執筆しています。 神事真規子さん(@makikojinji)の協力を得てインタビューを行い(参考:ソーシャルメディアを活用して取材相手の情報を集める)、…

復興情報の発信・教育拠点「NewsLab♡おおつち」を岩手県大槌町に7月30日開設します

岩手県大槌町に新しい地域メディアを立ち上げるプロジェクトの情報発信・教育拠点を7月30日に開設することになりました。名前は「NewsLab♡おおつち」です。ニュースラボと読みます。ハートは大槌町内や他の地域の人々の心を情報でつなぐという意味です。 日…

被災地にメディアを立ち上げるプロジェクト 学生インターン募集終了

先日ブログで紹介した被災地の岩手県大槌町に新しい地域メディアを立ち上げるプロジェクト(参考:被災地にメディアを立ち上げるプロジェクトの学生インターン/ボランティアを募集します)ですが、ウェブでの募集と早稲田大学での説明会の参加者で、定員を超…

被災地にメディアを立ち上げるプロジェクトの学生インターン/ボランティアを募集します

インターンとボランティア募集は締切りました。多数の応募ありがとうございました日本ジャーナリスト教育センター(JCEJ)では、NPO法人ボランティアインフォや地元NPOなどと協力して、岩手県大槌町に情報発信の拠点を開設します。共にメディア立ち上げや拠…

官邸前デモで考える、誰もがジャーナリスト時代のメディアリテラシー

毎週金曜日に開かれている反原発の官邸前でのデモ(首都圏反原発連合による)。6月22日は1万人を超える参加者があったようで、テレビや新聞もデモの模様を取り上げています。FacebookやTwitterでの呼びかけ、会社帰りのサラリーマンなども気軽に立ち寄ってい…

つながりのジャーナリズム 寺島英弥さんとの対話 第5回「ブログを書く事で個のジャーナリストになれた」

河北新報の編集委員寺島英弥さんとの対話の最終回。大きな震災があっただけに記事は希望や地域活性化が目的化しがちだが、先が見えない状況では幻想のハッピーエンドは誰も信じない。だけど、小さな希望がないと人は心が折れてしまう。寺島さんブログ「Cafe …

2012Springレポート「ソーシャルゲームで世界を良くできるのか」2日間の振り返り

IVS

「Infinity Ventures Summit(IVS)2012 Spring」の2日間で最も印象に残ったのは、KNN神田敏晶さんがGREEの田中良和社長に投げかけた「GREEはインターネットを通じて世界をより良くするというミッションステートメントがあるが、ソーシャルゲームで実現でき…

2012Springレポート「Launch Pad」優勝はロボットと操縦ソフト「V-Sido(ブシドー)」と「クラウドワークス」

IVS

1位は同点で、エンジニアとクリエイターのクラウドソーシング「クラウドワークス」(株式会社クラウドワークス)と巨大ロボットのための統合操縦ソフト「V-Sido(ブシドー)」が2つ選ばれました。 第2位:なし 第3位:「Smarty Smile」(株式会社ドワンゴ) …

2012Springレポート「Launch Pad」登壇サービスのリンク一覧

IVS

「Infinity Ventures Summit(IVS)2012 Spring」。インフィニティ・ベンチャーズLLPの田中章雄さんが「これまでにないLaunch Padになった」というLaunch Pad登壇サービスを紹介します。 <登壇企業> 顔のみえるオンラインフリマ「Whytelist」(株式会社Why…

2012Springレポート 「メディアは出ていって下さい」のソーシャルゲームセッションで語られたソーシャルと世界の話

IVS

「Infinity Ventures Summit(IVS)2012 Spring」。昨年からメディア枠で参加しているIVSですが、ソーシャルゲームに関わるDeNA、GREE、gumi、gloops、モブキャスト、芸者東京の経営陣が揃ったセッション「ソーシャルゲーム・サバイバル ソーシャルゲーム市…

ソーシャルメディアを活用して取材相手の情報を集める

早稲田大学大学院政治学研究科ジャーナリズムコースの「ニューズルームJ」。今年度は4人の学生と一緒にソーシャルメディアを活用した取材について学んでいます。 「ニューズルームJ」の合言葉のひとつは引きこもりです。 ジャーナリズムスクールに限らず、新…

スキルを生かした被災地の課題解決ツアーの打ち合わせに南三陸と仙台に行って来ました

ボランティアつなぎサービス「skillstock(スキルストック)」のチームは、NPO法人「ボランティアインフォ」の大藤さんの案内で被災地をまわってきました。 目的はスキルを活かして、被災地で活動する団体の課題を解決するバスツアーの協力依頼と打ち合わせ…

つながりのジャーナリズム 寺島英弥さんとの対話 第4回「幻想のハッピーエンドなんて誰も信じていない」

当事者が引き裂かれていく中で、地方紙記者の役割を「他の世界とつなぐ」ことに見いだした河北新報の編集委員寺島英弥さん。東日本大震災による影響で新聞発行が危ぶまれる中で、ブログの扱いは「ベルリンの検問所のバーが突然上がった」ようになり、寺島さ…

つながりのジャーナリズム 寺島英弥さんとの対話 第3回「地方紙の記者は新聞盆地の住人だった」

河北新報の編集委員寺島英弥さんは、被災地を丁重に取材する中で引き裂かれていく当事者を目撃し、厳しい状況の沿岸部から仙台に戻ることができる立場に罪悪感を感じたことをブログにつづります(三陸の被災地へ ・2日目/綾里)。 東日本大震災の被害者と…

つながりのジャーナリズム 寺島英弥さんとの対話 第2回「新聞原稿でもルポでもない文章と引き裂かれる当事者」

東日本大震災の被災地のただ中の地方紙、河北新報の編集委員寺島英弥さんは、「出撃(現場に取材に行く事)」出来ない中で同僚の記者の活動をブログに記録し始めます。ブログ「Cafe Vita」で始まった記録のタイトルは「余震の中で新聞をつくる」でした。紙の…

つながりのジャーナリズム 寺島英弥さんとの対話 第1回「暗闇の中でブログがつながった」

河北新報の編集委員寺島英弥さんに初めて会ったのは2007年10月、東海大学の河井孝仁先生の紹介でした。地方メディアやジャーナリズムのあり方を語り合った興奮を抑えきれず、夜に長いブログを書いたほどでした(新聞、ジャーナリズム、コミュニティについて…

SFCと楽天で「スキル発見ワークショップ」を行いました

ひとり一人の得意なこと、好きなこと、出来ることで被災地を支援するボランティアつなぎサービス「skillstock(スキルストック)」は登録者が1000人を超え、さまざまなメディアにも取り上げられています。 しかしながら、「貢献したいのだけど、何がやれるの…

日本ジャーナリスト教育センター(JCEJ)がATHLETE DAYに協力 ソーシャルメディア講座を担当します

日本ジャーナリスト教育センター(JCEJ)では、5月7日にAthlete Society(アスリートソサエティ)が開催するイベント「第7回ATHLETE DAY」内のソーシャルメディア活用プログラムに協力します。 アスリートソサエティは、陸上選手の為末大さん(@daijapan)を…

情報を発信することの大切さ 岩手県大槌町・宮古市を訪ねて

東日本大震災の情報ボランティア活動から生まれた「ボランティアインフォ(無事にNPO法人となりました)」の北村孝之代表と三陸沿岸を駆け足でまわってきました。ボランティアインフォは宮城県を中心に活動していましたが、被害が大きかった三陸沿岸部の町も…

救命センターでの行き過ぎ取材はあったのか 新聞社と病院に取材を行いました

公立豊岡病院但馬救命救急センターがブログでマスメディアの取材手法を厳しく批判し(「マスコミの人間に心はあるのか」)ネットで話題となった後、J-CASTニュースがブログで名指しされた読売、毎日、朝日の各新聞社に取材し、新聞社側がブログは事実誤認で…

これから表現したいこと宣言「ジャーナリストキャンプ広島2012」2日目

日本ジャーナリスト教育センター(JCEJ)の「ジャーナリストキャンプ広島」(協力:山陰中央新報労組)の2日目は、参加者がこれから表現したいことを宣言するワールドカフェ。「子供が楽しく読める記事」から「高齢者の性事情」「人間味がにじみ出る記事」な…

新しいメディアを創る「ジャーナリストキャンプ広島2012」1日目

日本ジャーナリスト教育センター(JCEJ)の「ジャーナリストキャンプ広島2012」が30日広島市内で始まりました。運営に協力してもらっている山陰中央新報労組の記者や地元の中国新聞、公共団体やPR会社などから14人が参加してくれました。 本橋健さんによるワ…

「マスコミの人間に心はあるのか」問われる現場の取材手法

京都府亀岡市の府道で、少年が運転する軽自動車が集団登校中の児童に突っ込んだ事故で被害者の救命を担当した公立豊岡病院但馬救命救急センターがブログで取材手法を厳しく批判しています。具体的に、読売、毎日、朝日の新聞社名を出し(後に新聞社の名前は…

「GALAC」THE PERSONにインタビューが掲載されました

放送批評懇談会による月刊誌「GALAC」のNo.180/2012年5月号のTHE PERSONにインタビューが掲載されました。タイトルは「ソーシャルメディアはBy Name」です。 「GALAC」編集部の許可を得たので紙面を紹介します。 放送批評懇談会は、テレビの世界では知られ…

「skillstock」開発チームで1日戦略会議を行いました

ボランティアつなぎサービス「skillstock(スキルストック)」β版の開発チームで1日戦略会議を行いました。 skillstockは、プロボノで開発を行っているので、普段はフェイスブックグループと朝や夜のスタバミーティングなどを組み合わせて開発を進めています…

「震災とツイッター 〜新聞は何をつぶやいたか〜」朝日新聞労組のイベントで講演します

4月7日に朝日新聞労働組合東京支部のイベントで講演します。タイトルは「震災とツイッター 〜新聞は何をつぶやいたか〜」で、東日本大震災で新聞社がどのようにツイッターを使ったのかを話ます。後半は震災後から活動を開始して、フォロワーを大きく伸ばした…

若手向けの「ジャーナリストキャンプ」を広島で開催します

日本ジャーナリスト教育センター(JCEJ)は、山陰中央新報労組の若手有志と協力して4月29日-30日の2日間、若手向けの「ジャーナリストキャンプ」を開催します。皆様の申し込みをお待ちしています。大学時代を過ごした思い出深い土地である広島でキャンプが開…

『発信力の鍛え方』の出版記念イベントとそこで話した将来の目標「地方にジャーナリストの学校をつくる」こと

代表運営委員を務める日本ジャーナリスト教育センター(JCEJ)の仲間が中心となり、昨年9月に出版した「発信力の鍛え方 -ソーシャルメディア活用術」の出版記念イベントを開いてくれました。たくさんの方に来て頂き、とても嬉しく思います。本当にありがとう…

学習院大学の「メディアリテラシー」の授業評価で4.8(5段階評価)を頂きました

学習院大学法学部政治学科の講義「メディアリテラシー」の授業評価アンケートが送られてきました。 初めての前期/後期と担当するということで慣れない部分もありましたが、評価アンケートを見ながら改善を行い、質の高い講義になるように務めたつもりです。…

3月11日「skillstock」はゆるキャラ&ヒーローたちと仙台の復興イベントに参加しました

ボランティアつなぎサービス「skillstock」β版のチームは、東日本大震災から1年となる3月11日、東北大学片平キャンパス・さくらホールで開かれた「市民とボランティアのつどい 1万のつながりを 〜311から未来へ〜」に参加してきました。 40以上の団体がさま…

3月11日を前に支援活動を記事で紹介して頂きました

東日本大震災から1年が経ちます。 ボランティア情報をまとめる作業をツイッターで呼びかけ、wikiをつくって、学生ボランティアを募集して、助けあいジャパンに合流して、立ち上げたボランティア情報ステーション(VIS)の活動には、企業からも支援をいただき…

ボランティアつなぎサービス「skillstock」のβ版をリリースしました

ひとり一人の得意なこと、好きなことがつながり、被災地の復興と社会を変えていく。大きな事ではなく、小さく、身近なことから。他人事ではなく、自分事に。「skillstock」のβ版はそんな想いが詰まったサービスです。 まもなく東日本大震災から一年が経ちま…

民間事故調による福島原発の「調査・検証報告書」がアマゾンで1位に

ワーキンググループの一人として関わっている「福島原発事故独立検証委員会(通称:民間事故調) 調査・検証報告書」が、予約が始まったアマゾンで一時的に本のベストセラー1位となっていました。関わった人間として社会の関心が高いことに身が引き締まる思…

「ジャーナリスト」という言葉を進化させよう!

日本ジャーナリスト教育センター(Japan Center of Education for Journalist)の一大イベントである「ジャーナリスト・エデュケーション・フォーラム」が明日3月3日11時から東海大学で開かれます。 たくさんの方から申し込みがあり、スタッフは楽しい1日に…

民間事故調の報告書と「一般意志2.0」

(お知らせ)3月11日に発売される福島原発事故独立検証委員会 調査・検証報告書」の予約がアマゾンで始まりました→予約/購入はこちらから可能です。 昨日、東京電力福島第一原発事故について調査してきた「福島原発事故独立検証委員会」(通称:民間事故調…

「Entrepreneur Gathering 2012」で日本ジャーナリスト教育センターについてプレゼンしてきました

「Entrepreneur Gathering 2012 -After 3.11 起業家精神が未来を拓く-」で、日本ジャーナリスト教育センター(Japan Center of Education for Journalist)の取り組みについてプレゼンをしてきました。 プレゼンの様子を、昨年夏のジャーナリストキャンプ201…

「ジャーナリスト・エデュケーション・フォーラム」の会場下見に行ってきました

日本ジャーナリスト教育センター(Japan Center of Education for Journalist)が3月3日に行う、「ジャーナリスト・エデュケーション・フォーラム(JEF)2012」の会場である東海大学湘南キャンパスの下見に行ってきました。 ジャーナリスト・エデュケーショ…

Social Media Week Tokyoで「ステマの危険性とクリエイティブの未来」について対談しました

Social Media Week Tokyoで「ソーシャルメディアにおけるステマ(ステルスマーケティング)の危険性とクリエイティブの未来」というタイトルで元「広告批評」の編集長で銀河ライター主宰の河尻亨一さんと対談しました。とても楽しかったので、あっという間に…

「ジャーナリスト・エデュケーション・フォーラム(JEF)2012」を3月3日に開催します

日本ジャーナリスト教育センター(Japan Center of Education for Journalist)は3月3日に、「ジャーナリスト・エデュケーション・フォーラム(JEF)2012」を東海大学湘南キャンパスで開催します。 エデュケーションフォーラムは、JCEJが取り組んでいる新し…

朝日新聞が記者ツイッターの一覧を紹介 「個人」による競争の幕開け

朝日新聞が1月23日に「アサヒ・コム」の看板を下ろし、朝日新聞の電子版である「朝日新聞デジタル」に統一しました。画面デザインやロゴの変更などが行われましたが、ツイッター利用の記者一覧が「つぶやく記者」として公開されました。 朝日新聞は新聞社の…

広島大学での講演「就活生のためのソーシャルメディア入門」が中国新聞に紹介されました

母校である広島大学文学部の就職関連の講義「リテラアワー」で1月17日に話をしてきました。 普段は文学部生が対象なのですが、全学部の希望学生が参加できるようにして頂きました。学生だけでなく、教員やスタッフの姿も。自分が教えを受けた先生を前に話す…

なぜ口コミは大切なのか。食べログ問題をきっかけに考える

食べログを舞台にした不正について日本経済新聞電子版の連載「ソーシャルメディアの歩き方」に「食べログ」だけではない ネットでやらせがはびこる理由という記事を書きました。Web刊のトップとして取り上げて頂き、7日のアクセスランキング総合2位とたくさ…

一言では語れない2011年 たくさんの出来事と仲間との出会いがありました

東日本大震災が起きた2011年。一言では語れないほどたくさんの出来事と仲間との出会いがありました。 震災直後にツイッターで呼びかけてボランティア情報のまとめサイトを作ったことをきっかけに、現在でもYahoo!などの国内主要ポータルにボランティア情報を…

「ソーシャルシフト」これからの日本企業にとって一番大切なことはHERO社員を活かすこと

ループス・コミュニケーションズの斉藤徹さんが書いた「ソーシャルシフト―これからの企業にとって一番大切なこと」。 350ページを超える分厚さ。図表とケースが豊富に紹介されており、いまソーシャルメディアによって企業に何が起きているかを明らかにしてい…