ガ島通信

メディアとジャーナリズムの未来を追いかける

サボテンが真田丸とつながる?法政メ社「観客参加型ドラマ」設計ワークショップ

法政大学社会学部メディア社会学科(メ社)の 「設計」コースでは、2年生を対象にした1日ワークショップ「観客参加型ドラマの設計」を行いました。

f:id:gatonews:20190413165852j:plain

ソーシャル時代に求められるメディア「設計」

メ社では、2018年度から新カリキュラムに移行し、「表現」「分析」「設計」の3つのコース制となり、2年次から各コースに別れて学びます。表現や分析は分かりやすいのですが、「設計」というのは何だか説明してもよく分からない。では、体験してもらおうということで、4人の教員*1が協力してワークショップを行うことになりました。

マスメディア時代は、テレビ局や新聞社が伝えるコンテンツは完パケ(完全パッケージ)で、視聴者や読者はそれを楽しむだけでした。情報過多な現状は「良いコンテンツを作れば見てくれる」ほど甘い状況ではありません。

  • 多様な媒体や空間、イベントといった多様なメディアを利用し、伝わるように工夫する必要があります。
  • ソーシャルメディア時代となり、誰もが発信者となったことで、人々に参加を促す仕掛けづくりが求められるようになっています。

これらを踏まえてメディア「設計」を考えるのが「設計」コースです。

ゲストは「新選組」「真田丸」などの演出やプロデュースを手がけたNHK放送文化研究所吉川邦夫さん。ソーシャルメディアで話題となり、多くのファンをつくった「真田丸」のチーフプロデューサー吉川さん以上の適任者はいるでしょうか。

ワークショップの目的を、観客参加型のドラマの設計作業を通して、表現の面白さ、奥深さを知る。到達目標を、コースに参加したばかりの2年生が、自身で表現したいテーマを発見する、と設定しました。

無茶ぶり!地元と真田丸の「交点」をつくる

ワークショップの下敷きになったのは、NHK宇都宮局開局75周年記念で制作された朗読劇「コミチャン!」。小山市にあるケーブルテレビ局にアナウンサー志望の新人(小栗さくらさん)が入ってくることで、ベテランプロデューサー(栗原英雄さん=)とディレクター(村上新悟さん)の心が動かされ、地元とローカルメディアの役割に向き合うというストーリー*2

学生には、地域を選び、その地域に関わる何かを取り上げ、ストーリーにするという大枠を提示。その上で、1.上演場所、2.キャスト(真田丸から3名を選ぶ)、3.真田丸と「地域」の交点、4.観客が参加する仕掛け、の4つを「設計」し、表現を広く(誰がみても面白い)、深い(ファンがみるとより面白い)、表現を目指してほしいと伝えます。

ガイダンスでは、演出依頼を受けた吉川さんが、千人入る市民ホールから小山駅前のアートスクール内の300人のホールに変更した、などの事実を説明しますが、「設計」の意図は説明しません。学生は、事前視聴が予習となっていた「真田丸」、「コミチャン!」のウェブサイトなどを頼りに、進めるしかありません。どうみても無茶ぶり…

3人1組となった学生は、自己紹介をしてそれぞれの出身地や住んでいる地域について調べていきます。5つのグループが選んだ地元は「札幌」「福岡」「蒲田」「品川」「春日井市」。「春日井市?」「クレヨンしんちゃん?」「それは春日部です」といったやり取りが行われるほど、知られてない場所を選んだチームを心配する教員たち。

各チームお昼を食べながら議論を続け、いよいよ企画発表です(ナレ進)。

企画発表では、チームの考えを軸に学生、吉川さん、教員が、アドバイスやより面白く設計するためのアイデア出しを行います。

f:id:gatonews:20190413102500j:plain

サボテンと真田丸でラブコメ

春日井市チームが選んだのは市の名物サボテン。実は同市のサボテンは国内シェア8割を占める名物なのです。台風で打撃を受けてサボテン栽培を始めた果樹園農家の父に草刈正雄さん、サボテン園を託されて市の職員を辞めて跡継ぎになる堺雅人さん、その幼馴染に長澤まさみさん*3

サボテンという意外性、市民参加イベントも考えられており、反応は上々。「たんに長澤さんを起用したいだけでは?」という指摘にも、台湾のサボテンかき氷が食べたいと長澤さんがコメントしているニュース記事を提示して、何とかつながりを説明します。

春日井市では、小学校の給食にサボテン料理が出たり、イベントで展示があったり、するものの自宅で食べることは少なく、まずは地元から広げたいというチームの意見に、「サボテンを食べるのをタピオカの次のブームにできる」と盛り上がるものの、普通の地域振興物語になって内輪化し、多くの人に興味を持ってもらえないのではという疑問が…

重苦しい雰囲気になりかけた時、「コミチャン!」を企画した担当者から「恋愛物語はどうか」との一言が飛び出して、アイデア出しが加速。「自宅に来た堺さんが、実はサボテンが大嫌いで、気持ち悪いと思わず言ってしまい、お父さんに怒られるとかどうか」「食べてもらうために長澤さんが、サボテンかき氷を開発する」など、生き生きとしたストーリー像が見え始めます。

f:id:gatonews:20190413151038j:plain

交通の要所品川駅を沼田城と見立てる

品川チームのストーリーは、23区が駅や観光スポットを取り合う状況となり、品川区は港区に取られた品川駅を取り戻そうとし、目黒区は目黒駅を取り戻そうと抗争を繰り広げるが、連合して都庁を擁する新宿区を倒そうとなる、というもの。配役を、品川区に堺さん、港区に高嶋政伸さん、目黒区に内野聖陽さん*4で、交通の要所である品川駅を沼田城と見立て、沼田裁定をモチーフにしたもの。上映は品川区内を走るタクシーの液晶画面。

さっそく学生から「擬人化なのか、区長なのかどちらか」という質問が飛びます。吉川さんが「最初は擬人化なのかなと思ったら、東京再編時にどの区が天下を取れるかのリーダー話という作り方もあるのでは」とアドバイス。「ボードゲームのイメージ。モノポリのようなゲームをやりながら、船の博物館はそちらに、いやいや、我々は駅を頂きたい」と映像シーンにまで話が膨らんでいきます。

「雇われ区長が必死になって交渉したら、クーデターが起こってしまうとか」「多摩地区も参戦だ!」「駅に人格があって、品川駅を港区が誘ったというのはどうか」。弱かった、4.観客が参加する仕掛けについても、「Ingressのようなゲームと連動し、毎週勢力図が変化するというのはどうか。視聴者が参加しないと自分の区が負ける」というアイデアが出て大盛り上がり。

f:id:gatonews:20190413170700j:plain

実は品川チームは、品川宿や鉄道の話を調べるもののストーリー化に苦戦していたのですが、「品川駅や高層ビルは実は港区だが、品川区と勘違いしてもらっていてよい」という話から、街を示す言葉と実際のエリアのズレに着目し、戦国時代の領土拡大につなげたことが良かったのでしょう。

真田丸から考えるのではなく、地域の魅力こそ重要

一方で、真田丸ありきで地域の何かを結びつけようと苦戦したチームもあり、吉川さんからは「この時点ではうまくいかなくても、もっと調べたり、考えたり、すれば何か引っかかる。諦めずに取り組んでほしい」とフォローがありました。ドラマやアニメなどのコンテンツによる、地域への集客効果は一過性に終わりがちです。武者行列などが行われる上田真田まつりは、真田丸の放送後も10万人以上の来場者が続き、「真田丸のファンが上田の良さに気づいてリピートする。上田の皆さんの努力のたまもの」と吉川さんは言います。

目標である、表現を広く(誰がみても面白い)、深い(ファンがみるとより面白い)は、真田丸や俳優のファンが真田丸ネタを目当てに地域にやってきて、普遍的な魅力に触れてその地域のファンになってもらうことを設計することでもあり、地域の内輪受けにとどまらず、地域の人たちが真田丸ファンになることを設計することでもあります。自分が面白いと思っているものを、多くの人にも面白いと思ってもらうことが「交点」の設計と言えるでしょう。

そして、観客の参加は、地域の人々の何気ない疑問や日常と思っていたものの意外性から生まれてくるもので、メディアやアプリはツールであり、メディア設計の本質ではありません。

午前中に始まったワークショップは時間を超えて、白熱した議論が繰り広げられ、終わる頃にはすっかり日が暮れていました。刺激を受けた何人かの学生は、残って吉川さんと立ち話していました。充実したような、悔しそうな、表情が入り混じった学生たちは「とても頭を使って疲れました」と笑顔で帰宅していきました。手伝ってくれたゼミ生たちと夕食を食べながら振り返りをして、さらに盛り上がったのでした。

この記事でメ社「設計」コースが目指す方向性を知って頂けるとありがたいですし、Google News Labの講座、設計ワークショップに引き続き、ワクワクする面白い取り組みを仕掛けていきますので、楽しみにしておいてください。吉川さんありがとうございました。教員、ゼミ生もお疲れ様でした。

gatonews.hatenablog.com

*1:ネットワークと組織の宇野斉さん、デジタル情報環境の土橋臣吾さん、今年度から加わったヒューマンインターフェース・インタラクションの橋爪絢子さん、ソーシャルメディア論の藤代

*2:栗原さんは真田信尹役、村上さんは直江兼続役。ナゾの重要キャラクターとして小山田茂誠役を演じた高木渉さんも出演。脚本は河原綱家役の大野泰広さん

*3:草刈さんは真田昌幸役、堺さんは真田信繁役、長澤さんは信繁の幼馴染きり役

*4:高嶋さんは北条氏政役、内野さんは徳川家康

法政メ社の新入生を対象に、Google「ニュースラボ」フェローによる講義が行われました

法政大学社会学部メディア社会学科(メ社)で4月11日から、Google News Lab(グーグルニュースラボ)の井上直樹フェローによる講義とワークショップがはじまりました。2019年度のメ社の新入生の約180人ほぼ全員(履修が確定してないので、現時点での暫定数)が、グーグルの基本的な仕組み、検索やマップを利用した情報確認のスキルを学びます。

f:id:gatonews:20190411154611j:plain

法政大学社会学部は昨年、Googleニュースラボが世界で展開している「Google News Initiative University Network」に国内で初めて加わりました。

gatonews.hatenablog.com

メディア社会について学ぶ入門科目で「基礎編」の講義を受けた後、少人数に分かれるコンピュータ入門の時間を利用して「ファクトチェック編」に取り組みます。

11日に行われた「基礎編」は、新入生に、2・3年生も加わった200人超が受講。井上さんから、グーグル検索、特定キーワードを除外する「-(マイナス)」や特定のサイト内のデータを検索する「site:」など、検索精度を高める手法や、地図、トレンドなど、Googleの主要サービスの使い方を学びました。

トレンドでは、他大学と比較して、法政大学の検索ボリュームがどう推移しているか、関連しているキーワードに違いがあるのか、をパソコンを使いながら提示。

Googleアースを使い殺害現場を特定したBBCの「Cameroon: Anatomy of a Killing - Documentary - BBC Africa Eyeツールを使った報道の取り組みの紹介もありました。

f:id:gatonews:20190411154631j:plain

「ファクトチェック編」は、コンピュータ入門の17クラスを対象に、4月末までに順次行われます。パソコンを利用して画像検索を使った画像の確認、グーグルマップ、ストリートビューなどを活用した現場確認などのツールを使いながら、実際に確認作業を行うことになっています。

メディア社会学科では、コンピュータ入門・プログラミング入門の受講を推奨し、昨年度もほぼ全員が履修しており、デジタルやソーシャル化が進展する新たなメディア環境に対応した取り組みが進んでいます。Google News Labとの取り組み以外にも、面白い取り組みを準備中ですので、決まり次第ブログでも紹介していきます!

f:id:gatonews:20190411154650j:plain

 

福島県白河市の魅力を紹介した冊子「ちらり、しらかわ」が出来ました

法政大学社会学部藤代ゼミでは、福島県白河市の魅力を紹介した冊子「ちらり、しらかわ」を制作しました。

f:id:gatonews:20190402131519j:plain


ゼミでは2018年の夏、JR白河駅近くの「コミュニティ・カフェ EMANON」を拠点に夏合宿を行い、地域の取材や高校生を交えたワークショップなどを行いました。

gatonews.hatenablog.com

ゼミ生は、合宿以降も何度か白河に通い、街を歩き、話をして、「しらかわらしさ」とは何かを考えました。そして、話すと「ちらり」と見える面白さに注目し、文章をまとめて冊子を作り上げました。

f:id:gatonews:20190402131723j:plain

ゼミ生からのメッセージです。

東京から来た大学生がしらかわを巡って、出会った人たちから「ちらり」と見えたしらかわの、興味深い!と思ったものを集めました。普段当たり前すぎて外の人に言わなかったり、何処かで見たことのあるほんのちょっとした、しらかわのエピソードです。是非しらかわの方々に読んでいただきたいです。 −−藤代ゼミ生一同

完成した冊子をゼミ生が取材先などをまわり手渡ししてきました。

f:id:gatonews:20190401194656j:plain

合宿中、よく食べに行ったパン屋さんにも置いて頂きました。
f:id:gatonews:20190401194614j:plain

 

冊子は「EMANON」や取材にご協力頂いた店舗や公共施設に置いてあります。なお、この冊子は「平成30年度 うつくしまふくしま基金」の助成を受けて制作しています。関係者の皆様に感謝申し上げます。

gatonews.hatenablog.com

法政大学社会学部でGoogle「ニュースラボ」フェローによる講義が行われました

法政大学社会学部メディア社会学科では、10月17日・18日にGoogleニュースラボのフェローである井上さんによる講義が行われました。メ社入門Ⅱの受講者は「基礎編」を、コンピュータ入門やウェブジャーナリズム実習の受講者は「ファクトチェック編」に取り組みました。

f:id:gatonews:20181018142429j:plain

 

「基礎編」では、検索、地図、トレンド、アースなど、Googleの各サービスの使い方が紹介されました。また、これらのサービスを使った報道事例も紹介がありました。

  • 現地の写真や動画などとGoogleアースを組み合わせてラスベガスで起きた乱射事件を報じたニューヨーク・タイムズの「Reporting on Las Vegas, Pixel by Pixel 」

www.nytimes.com

 

www.youtube.com

 また、井上さんが西日本新聞の記者時代に取り組んだテクノロジーを使った報道事例の紹介もありました。

  • 熊本地震の被害をスマホのセンサーとGPSを使って明らかにしたものです。「路面の段差解消 道半ば 地震から8カ月、工事対象2400カ所 国道3号、高森線も広範に」 

qbiz.jp

メ社入門Ⅱの受講者は1年生約200人。サービスの紹介だけでなく、スマートフォンを使ったファイル指定などのオプションや画像検索の実践を行いました。

f:id:gatonews:20181018165502j:plain

法政大学社会学部は、Googleニュースラボが世界で展開している「Google News Initiative University Network」に国内で初めて加わりました。今後も講義などで連携していきます。

gatonews.hatenablog.com

「伝わるタイトルを作ろう」11月4日高校生向けワークショップを新聞博物館で開催します

代ゼミでは11月4日、横浜のニュースパーク(日本新聞博物館)で、高校生向けのワークショップ「伝わるタイトルを作ろう」を開催します。

本ワークショップは、ゼミで取り組んで来たニュースの拡散や地域発信の実践から着想したものです。カードを使ったゲーム形式で、誰もが気軽に、伝える難しさや、楽しさを考えることができる工夫がされています。企画、進行はゼミ生が実施します。

タイトル:「伝わるタイトルを作ろう」何かを伝えたい高校生のためのワークショップ

概要:横浜をテーマに、カードを使いゲーム形式で伝えたいことを考えます。

日時:2018年11月4日13時30分〜14時30分(開場13時)

会場:ニュースパーク(日本新聞博物館)2階イベントルーム

対象:高校生

費用:ワークショップは無料ですが、入館料(200円)が必要です。

アクセス:みなとみらい線日本大通り駅」3番出口直結

主催:法政大学社会学部藤代裕之研究室

参加者全員に、ニュースパークオリジナルバッグのプレゼントがあります。

f:id:gatonews:20181002105158j:plain

法政大学社会学部が「Google News Initiative University Network」に国内で初めて加わりました

Google News Lab(グーグルニュースラボ)が世界で展開している「Google News Initiative University Network」に国内で初めて法政大学社会学部が加わりました。

ネットワークは次世代のジャーナリストをトレーニングするために2016年に発足し、世界で約300の大学が参加しています。最初の取り組みとして、10月にメディア社会学科の1年生を対象にグーグルニュースラボのフェローによるトレーニング(基礎編)を実施します。

f:id:gatonews:20170919103633j:plain

 

ネットワークは2016年にアメリカ、メキシコ、イギリス、ドイツなど、49のジャーナリズムスクール(大学院)や大学でスタート。ジャーナリズムやメディアを学ぶ大学生や教員が、検索やビジュアル化など、ジャーナリズムに活用できるデジタルスキルのトレーニングと教材の提供を行っています。アジア地域では、香港やインドなどの大学が加盟していましたが、日本は未加盟でした。

medium.com

 

今夏(2018年)に、ジャーナリズムとマス・コミュニケーション教育の学会「Association of Educators in Journalism and Mass Communication」で以下の教育プログラムを発表しています。

  • Safety & Security(安全性とセキュリティ) — How to protect yourself and your news organization from hacking, digital attacks and censorship while using Google tools.
  • Verification and Fact Checking(ベーリフィケーションとファクトチェッキング) — How to verify the authenticity and accuracy of images, videos and reports that you find in social media and elsewhere online.
  • Search & Data Acquisition (検索とデータ収集)— How to use Search and other Google tools more effectively, especially to find data you need to tell more compelling stories.

medium.com

社会学部ではメディア社会学科(メ社)の授業やゼミを中心に、上記のトレーニングを実施していきます。メ社は、2018年度から新カリキュラムに移行し、「表現」「分析」「設計」の3コースを設置し、プログラミング受講を推奨するなど、新たなメディア環境に対応した取り組みを進めています。トレーニング(基礎編)は下記メ社入門Ⅱの授業内で実施予定です。

gatonews.hatenablog.com

メディアによる社会課題解決を学ぶ「法政メ社入門Ⅱ」2018

ソーシャルメディアの登場により、総メディア社会が出現したことで、何のために伝えるのかが問われるようになりました。メディアは社会問題を解決するための一つのツールに過ぎません。

このような問題意識を踏まえ、法政大学社会学部が2018年度から新カリキュラムに移行するに伴い、メディアによる社会課題解決を学ぶ授業を立ち上げました。社会を捉え、課題を発見し、解決策を考え、そして伝える。多様なアプローチを学ぶことができるように、多彩なゲストを迎えて授業を展開します。

講義名は「メディア社会入門Ⅱ」、1年生の選択必修科目です。なお、本科目はローテーションであり継続して藤代が担当するかは不明です。

【授業の概要と目的(何を学ぶか)】

  • この授業では本学科が掲げている「メディアによる社会の課題解決」の方法を学びます。メディアによる社会の課題解決は、ジャーナリズムとは限りません、広告やネットなどにも、多彩な方法が存在しています。前半は、方法について事例を中心に学び、後半はグループでメディアによる社会課題解決の企画を立案することで、理解を深めます。

【到達目標】

  • メディアによる社会の課題解決の方法を知り、自らの関心に基づいて企画を立案することができるようになる。

【ゲスト講師】

f:id:gatonews:20180922224039j:plain

  • 10/4:ジャーナリズム 與那覇 里子(沖縄タイムス大学時代にギャル研究を行い、ギャルイベントが出来ると新聞社に就職。沖縄戦の避難経路を取材してまとめた「沖縄戦デジタルアーカイブ」、白黒写真をAIでカラー化する記憶の解凍プロジェクトなどを担当。デジタルを活用したジャーナリズムと地域社会の関係を考えます。
  • 10/11:クリエイティブ 小川 丈人(1→10design)パラスポーツをテクノロジーを活用し、人々に理解してもらう車椅子型VRレーサーやサイバーボッチャなどを開発する1→10のデジタルマーケティング部門を率いる。メディアと身体が拡張し続ける中で、企業と消費者のコミュニケーション設計の未来について考えます。
  • 10/25:おかもちカブ 小石 克(小城ファシリテーション研究会)新聞社のデザイナーの傍ら、出前に使う食器を入れる「おかもち」を取り付けたカブ「マルシン出前機1型」を制作。地域の集まりでコーヒーを振る舞い、地域の困りごとの共有やアイデア出しの促進を行う。ファシリテーションによる地域課題の解決について考えます。
  • 11/1:広告 並河 進(電通デジタル)手洗いで子どもの健康を守る「世界手洗いの日」や検索で東日本大震災の支援活動に寄付を届ける「Search for 3.11 検索は応援になる」など、社会に貢献する活動を支援・促進するソーシャルグッドな広告を手がける。広告は社会のために何ができるのかを考えます。

参考:法政大学社会学部は理念・目的に「社会課題の解決」を掲げています。他大学と異なる少し変わったパンフレットづくりの背景については下記の記事をご覧ください。

news.yahoo.co.jp