読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガ島通信

メディアとジャーナリズムの未来を追いかける

3月11日「skillstock」はゆるキャラ&ヒーローたちと仙台の復興イベントに参加しました

skillstock

ボランティアつなぎサービス「skillstock」β版のチームは、東日本大震災から1年となる3月11日、東北大学片平キャンパス・さくらホールで開かれた「市民とボランティアのつどい 1万のつながりを 〜311から未来へ〜」に参加してきました。
40以上の団体がさまざまな復興支援のカタチを持ち寄り、未来への1万のアクションを行うというイベントでした。「skillstock」からは、この日登録された新たなスキル179件分のアクションが生まれました。

被災地でのイベントということで、プロモーションに協力してもらっているゆるキャラゆるキャラにもスキルがある。「戸越銀次郎」は「ひとをハッピーにすることができる」、うなりくんは「誰とでも仲良くなることができる」)がさらに拡大。銀ちゃんに加え、人気のくまモンが熊本から、地元宮城からはむすび丸、植樹マン、東北合神ミライガーが、勢揃いして「skillstock」やイベントに参加している団体や参加者を盛り上げてくれました。一日の様子を写真で紹介します。
当日参加のボランティアさんも含めて打ち合わせるブースのスタッフ。お揃いのTシャツを作ったのですが、Tシャツだと会場が寒かった…

開場を体育座りで待つゆるキャラたち

12時30分に開場。ゆるキャラとヒーローが勢揃いしてお出迎え

「skillstock」のブースにもさっそく人が。説明したり、登録作業をしています

戸越銀次郎がスキル登録を呼びかけるゴシ!

くまモンも来たモン!

学生団体の取材を受ける私。ワークショップをやっていたそうです

実は母校の広島大学の学生ということが判明。さっそく登録してくれました。さすが後輩!

ミライガー参上!スキル登録を呼びかけるチラシを配ってくれています。ヒーローなのに何と気さくな(涙

16時からは2階の会場で、くまモンと地元のむすび丸がエールの交換と参加者を巻き込んで体操の時間。右端にキレてしまっている赤い着ぐるみは「山田るま」さんという全日本だるま研究会公式キャラクター。銀ちゃんブログを見て勝手に応援に来てくれたそう

まずはむすび丸からくまモンに支援のお礼

くまモンからねんりんピックへの応援メッセージ(むすび丸がスポーツバージョンなので)

小学生のチアリーダーたちのダンスを見守るくまモンと銀ちゃん

くまモン体操の復興支援バージョン。激しい動きにびっくり!

2階の会場でもスキル登録を呼びかけてくれたこともあり、「skillstock」ブースは最後までにぎわいました

登録してくれたり、興味をもってくれた参加者の方からは、「skillstock」への応援や要望を頂きました。開発チームで共有して、より良いサービスになるよう努めて行きます。イベント運営スタッフ、当日参加してくれたボランティアの皆さん、そして何より、ゆるキャラ、ヒーローの皆さん本当にありがとうございました。今回応援してくれたゆるキャラとヒーローの皆さんのブログやサイトは以下です。応援よろしくお願いします。

【関連記事】