読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ガ島通信

メディアとジャーナリズムの未来を追いかける

朝日カルチャーセンターのジャーナリズム実践講座で講師を担当します

お知らせ

朝日カルチャーセンター立川で9月から開講する「就活に役立つ メディアとジャーナリズムの実戦講座(総論編)+1日記者体験」に協力します。全5回のプログラムには、支局での記者体験も含まれ、優秀作品はアサヒ・コムに掲載される予定とのこと。
コースディレクターを務める、元朝日新聞編集局長補佐・元ジャーナリスト学校事務局長の五十嵐浩司さんから「多摩エリアの大学生向けに本格的名ジャーナリズム教育を」との誘いがありお受けしたのですが、他の講師メンバーがすごい…
朝日ジャーナリスト学校長の野村彰男さん、元NHKスペシャルのエグゼクティブプロデューサーで作家坂上遼としても活動する小俣一平東京都市大学教授、元読売新聞編集局次長・国際部長の山口勉東海大学教授で、本当にここに並んでよいのかと思いますが、精一杯務めたいと思います。担当は3回目の9月18日(土)で、「ウエブ・メディアのいまと、ウエブ・ジャーナリズムの可能性」というタイトルです。講座の概要は以下の通りです。

□就活に役立つ メディアとジャーナリズムの実戦講座(総論編)+1日記者体験
□期間=9月4、11、18、15日、10月2日の全5回 午後5時50分〜8時20分(「記者体験」は午後1時〜午後6時)
□参加費用=1万5750円(朝日カルチャーセンター会員は1万3125円)
<各回のタイトルと担当者 2限は佐藤和雄さん、五十嵐浩司さん担当>

  • 4日1限「メディアのいま。メディアが欲しがる若者たち」(講師・野村彰男さん)2限「メディア企業のエントリーシートを書く技法」
  • 11日(土)1限「テレビ局で働くということ。テレビ・ジャーナリズム」(講師:小俣一平さん)2限「エントリーシートの講評、書き直し指導」
  • 18日(土)1限「ウエブ・メディアのいまと、ウエブ・ジャーナリズムの可能性」(講師:藤代裕之)2限「メディア面接での自己表現訓練・模擬面接」
  • 25日(土)1限「新聞で働くということ」(講師:山口勉さん)2限「メディア受験・集団討論訓練」
  • 10月2日(土)朝日新聞立川支局などで「1日記者体験」(午後1時〜午後6時)

朝日カルチャーセンター立川は駅にあるルミネ立川店9階。お近くの大学に通っていたり、自宅があったりする方でマスメディアへの就職、ジャーナリズムに関心があるかたは、ぜひどうぞ。
追記 残念ながら講座は最低人数に達せず中止となったとのことです。