ガ島通信

メディアとジャーナリズムの未来を追いかける

公務員が税金を「節約」することは… ナイ

公務員において節約は無意味です。相も変わらず社会保険庁が無駄ガネを使いまくっていますが、これも仕方のない話。多くの方がご存知とは思いますが、これには行政の予算のあり方が関係しています。


例えば何かの事業(道路舗装でもいい、公民館修繕でもいい)に300万円の予算が認められたとします。


担当者が節約して200万円で事業ができてしまった。普通の会社なら評価されるところですが、別に公務員の世界では褒められたりはしない。100万円も少なかったことが問題になってしまうのです。予算を減額する際には議員から「見積もりが過大だったのでは」と追求されたりします。それに、次からも同じ工事(別の公民館の修繕)をする必要があったとすれば大変です。200万円でできる保障はどこにもありませんし、200万円をオーバーして赤字になったらまた面倒です。色々説明したり、補正予算を組んだりしないといけません。そのとき翌年の担当者はこう思うのです「節約なんてするから面倒なことになった」と。担当者の面倒は明日のわが身。誰も面倒なことなど進んでやるわけがありません。

なにより200万円に一度減ってしまった予算が再び300万円になるのは大変です。一度自ら減らした小遣いを奥さんや親に増額要求するようなものでしょうか。つまり、切り出しにくい。それならば、ホントは200万円で終わってるんだけど、300万円使ってしまったことにする。そして来年も300万円もらうと。これがエンドレスで続くわけです。

節約することにインセンティブが働いていないのです。



さらに、予算が削られる(もしくはなくなる)ことは、その部や課、大きく言えば省庁の存続意義にかかわってきます。

なので、なんとしても昨年同様の予算を消化して、仕事を継続しようとするのです。

減らない上に、住民からは次々と要望があります。そしてマスコミも書き立てます「○○対策を行え」「○○への対応はどうなっているのだ」。オイシイ、おいし過ぎ。それは新たな予算となり、権限となり、天下り先の確保へとつながっていく。焼け太りは甘い、甘い道なのです。

節約どころか、公務員が節約するのは損です。

ここで少し公務員の待遇について。公務員もイロイロ(笑)。地方公務員や国家一種ではない人(いわゆるノンキャリ)が「給与が安い」「冷遇されている」と文句をたれている人がいますが、それはそうでしょう。官僚サマが威張れるのは許認可の権限を持っているから。地方レベルの許認可は非常に限られています。これは、出来ないサラリーマンが新橋の飲み屋で愚痴っているのと同じ。税金で甘い汁を吸いたければ、お勉強してキャリアになりましょう。とはいえ、大阪市で発覚したヤミ年金やカラ残業(MBS・毎日放送渾身の取材!)のように地方レベルでもかなり優遇されていますし、そもそも民間に比べて仕事がメチャ楽。おっと話がそれました。

結論的に言えば、私が「行政批判を考える」で書いたように、「権限をできる限り剥奪する」ことに尽きます。ここからは「じゃあどうするのよ?」という行政批判を考えるのコメント欄の続きになってきますが… それはまた今度。こういう内容を書くとやっぱり疲れてしまいますので、充電しないと書けない… 気長にお待ちください。やっと宿題ひとつ終わらせた気分です。



共同通信記者で現在フリーとして活躍している北沢栄氏の著書「官僚社会主義 日本を食い物にする自己増殖システム」。出版年が2002年ですので、少しずれている(議論が進んでいたりする)部分もありますが、官僚の性質を豊富なデータとともに紹介しています。「ではどうすればいいか?」ということについては、紙面の関係かあまり書いてはいませんが、『「自由」か「統制」かはどちらもではなく、どちらかを選択する問題だ』と書いています。 お上に頼るなら、文句はあまり言えませんし、自由を選ぶなら責任が生じます。私は「自由」を選びたい。

北沢氏のHP「さらばニッポン官僚社会」もとても参考になります。