ガ島通信

メディアとジャーナリズムの未来を追いかける

どっちが甘いのか

ジャーナリズム考現学(以下ジャと省略)氏の「きょう逮捕へは最低条件」を読んで違和感がありました。これは酔っ払い記者氏からの「きょう逮捕へは本当に権力監視か?」というコメントに対して、ジャ氏が答えたもの。
ジャ氏も今日逮捕へと書く前打ち記事がスクープ合戦であることは認めているものの、『「逮捕へ」を狙う記者の活動が、すべての権力濫用を防げるとは思えない。〜略〜うろちょろする記者たちが警察にとって「煙たい」存在になり…』などと説明し、権力監視へ再構築したいと述べている。果たしてそんなことが可能なのでしょうか?
そもそもなぜ、各社が「明日逮捕へ」を書こうとするのかといえば、本当にその捜査や逮捕が正当なものかや事件の全貌を明らかにするためではなく、他社に書かれないためです。要するに抜かれたくない。つまり保身。それだけでしょう。
北海道警察の裏金を調査報道した北海道新聞の取材班は雑誌などで、他社が警察幹部に擦り寄ったことを明かしています。「明日逮捕へ」を打ちたいがあまり、他社を貶める行為がまかり通っているのです。それは抜かれたくない、いや、北海道新聞が警察と対峙している間に、幹部に取り入って次のスクープのおこぼれをもらおうと言う情けなく、恥ずかしい態度でしかありません。捜査側から言えば、リークをちらつかせればいつでも記者を操れますし、捜査の正当性や問題点をチェックしようとしているような記者には情報などリークするわけがありません。保身に走る記者たちは、「損」なことはやりません。
出発点が間違っていると思います。これまでの記事から私が推測するにジャ氏はデスクかそれ以上の管理職だと思われます。ジャ氏の立場であれば「今日逮捕へは狙わなくていい。それよりも、事件の裏側や原因を厚く書け。もちろん捜査側が適正にやっているかのチェックも忘れるな!」と言う(もしくは社内で言っている)のなら理解できますが…
全国紙の地方のサツまわりは2,3年目の若手記者です。新聞社の研修(これは地方紙のほうがもっとダメでしょうが)はお粗末で、机上の空論のジャーナリズム論すら(すらですよ)学ばず、いきなり現場に配置され「ネタ取って来い」とデスクや支局長にどやされるのです。記者は数年で次の赴任地へ変わっていく、短い間に実績を上げなければいけません。そんな人たちが、権力のチェックなんてできるんでしょうか?それに、デスクや支局長にそんな気概があるのでしょうか?(毎日新聞の遺跡発掘捏造も本などを読むと支局長やデスクのパーソナリティに追うところが大きいようなので、まったくいないわけではない…)。サツ取材の現場を良く知っていると思われるジャ氏がそんな青臭いことは言えないのが百も承知で、何とか別の方法を見つけようと「再構築論」を語っているようですが、結局は言い訳にしか聞こえない。
権力を監視し、不当な捜査や裏金を暴くことと「今日逮捕へ」とは根本的に「質」が異なっているわけです。現在行われている警察取材は、捜査をチェックしようとしていて結果的に「今日逮捕へ」の情報をつかんだのではなく、「今日逮捕へ」の情報しか取るつもりがないのです。うろちょろしている記者はいずれにせよ警察にとっては煙たいわけですが、チェックする意識が記者になければ永久に問題は表面化しないし、警察側も『下手なことをしたら表ざたになる』なんて思わない。やはり、難しくてもスタート地点をはっきりさせないといけないと思います。

広告を非表示にする