ガ島通信

メディアとジャーナリズムの未来を追いかける

何とも言いようが…

関西テレビの記者がボランティアを装って取材活動した」との記事。私も読みました。もう何とも言いようがありません… あれだけマスコミ批判が高まっているにもかかわらず。それも、ボランティアを装うとは。悲しいです。
ところで、毎日新聞の記事によると『新潟日報も同地区に入っていたが、対策本部は取材していたかどうか未確認のため抗議を控えた』とあります。さらに記事は『同社報道部は毎日新聞の取材に「前日に記者が自転車で入り、待機していた。ボランティアを装って取材するような手法は許されない」』と続いています。朝日新聞によると「
現地の危険性から取材自粛を要請」とあります。いくつかの記事を読んでいるだけなので、はっきりしたことは分かりませんが取材自粛要請があったのに新潟が現地に行っていたことは確か。もちろん、新潟が現地で取材していたかどうかは分かりませんが、ホームページを見ると現地で作業を見たようにもとれる書き方ですが…(写真はないようでした)。
この問題の一番の論点は「取材自粛の中、取材した」というものです。関西テレビの場合は「それもボランティアを装って」ということでさらにクローズアップされた。もし、新潟が取材をしていることが分かれば当然対策本部も抗議するはず…。毎日への新潟の回答はちょっとずれている気がします。
結局、マスコミはこうやって自分たちの首を絞めていくのでしょう。取材自粛が広がってしまえば、最後は何もできなくなる。現地のマスコミが連携して対策本部と交渉して、代表取材をお願いするなど何かできなかったのでしょうか?とにかく残念です。

・このエントリーは旧ブログより記事を移動したものです